太陽光発電と補助金復活

太陽光発電への補助金は、2004年に一度打ち切られましたが、最近になって復活しました。

さらに、補助金だけではなく、電力会社に余った電力を売る事が出来る、売電価格にも環境価値が付加され、従来の倍の価格で売る事が出来るようになったのです。

この補助金が復活した理由としては、太陽光発電の年間生産量で長らくトップにいたシャープがドイツの太陽光発電のメーカーである、Qセルズに抜かれた事も要因の一つだと思います。

2007年の京都議定書において、地球温暖化防止のために太陽光発電の普及が取りざたされましたが、長年、太陽光発電の業界を牽引していた日本としては、他国に水をあけられたままではいけません。

そして、シャープがQセルズに抜かれた事などの理由づけを補助金が打ち切られた事に擦り付け、補助金の復活を果たしたのです。

その様なニュースは、連日テレビなどで放送していた為に、日本の国民が太陽光発電を広く知るきっかけになったのです。

最近では、東芝の太陽光発電システムも性能をのばしていて、普及に一役買っています。詳しくは⇒「太陽光発電 東芝」で検索

その様な動きが復活した以上は、これから太陽光発電の導入数も増えていく事だと思います。